ゆがみ整体とは

体のゆがみについて
体のゆがみについて写真
体のゆがみはお体に不調の有無にかかわらず誰にでもあります。
そのゆがみ方も、お一人お一人違います。
これは、利き手利き足があるように日常生活で左右均等に体(手足)を使うことができないからです。
例えば、食事をしている時片手でお茶碗を持ち、もう片方の手にお箸を持ちますよね?
これだけでも左右の手の使い方が違うので体は歪もうとします。
健康な方の場合、体のゆがみは不調が現れない許容範囲であるため、しっかり休息(睡眠)をとれば自己回復力で元に戻ってくれます。
しかし、体に何らかの不調を抱えている方は、体のゆがみが許容範囲を超えてしまい、放っておいたり誤った体のケアをすると更にバランスは崩れてしまい自己回復力が働きにくく自分では元に戻せなくなってしまいます。
そもそも
体のどこがゆがむのか?
ゆがみイメージ図2
ゆがみイメージ図
体のゆがみと聞くと背骨や骨盤がゆがむことだと思われますが、そんな単純なものではありません。
体は本来正面から見ると背骨を中心に左右対称になっています。
しかし、日常生活において体に何らかの刺激や負担が蓄積されてくると、この左右対称性が損なわれてしまいます。
すると、本来あるべき関節の位置や角度、また筋肉が緊張・弛緩しているところが明確に現れ、動き方も左右で違ったりしてきます。
当院では、これを「ゆがみの定義」としています。
体がゆがむ原理とは
「背骨がゆがむ」「骨盤がずれる」などと言われるので骨が勝手にゆがんでしまったと思 われがちですが骨は自分では動けません。骨が動いてゆがんでしまったのではなく、筋肉が骨を引張ってゆがめているのです。

また骨だけでは体は支えられず、筋肉が骨を引張りあって体を支えているのです。
例でいうとキャンプで使うテントのイメージです。
ポールを立ててロープで左右から引張りあいテントを支えています。
右のロープを強く引張り、左のロープを緩めるとテントは右に傾いてしまいますよね。
人間の体も同じで骨という柱を前後左右から筋肉が引っ張りあって支えています。
その筋肉のバランスが崩れると体がゆがんでしまいます。
左右どちらかが強く引っ張るとゆがみが生じる
こんな勘違い
されてませんか?
  • 骨・関節をボキボキしないとゆがみは改善しない
  • 首や腰、腕や足を引っ張ったりしないとゆがみは改善しない
  • 硬くなった筋肉をほぐさないとゆがみは改善しない
  • 体を強く捻じったりしないとゆがみは改善しない
残念ながらこれらの行為は余計に体をゆがめてしまいます
勘違いされてませんか? 写真
当院では一般的な整体とは異なり
解剖学的根拠に基づき
無痛でゆがみを整えます
体のゆがみ解析メソッドを用いて全身の筋肉を隈なく調べていくと、
痛みや不調の元凶となっているであろう筋肉の緊張や弛緩の程度が精密に判断出来ます。

それが分かれば、緊張している筋肉は緩めてあげて、反対に緩み過ぎている筋肉は緊張させてあげます。
これらを人間に備わっている「反射」というものを使ってあげて、筋肉や神経を調整していきます。

体は本来、自己回復力を持っています。当院ではそのスイッチを押してあげるだけです。
ゆがみを整える 写真
お問い合わせ - contact -
お気軽にお問い合わせ下さい!
LINE@

1.LINEのアプリの友達追加でQRコードを読み取って下さい。

2.友達追加後にご希望のお日にちお時間をお送りください。

LINE@ QRコード